2012年02月12日

再会

 今日、35年ぶりに教え子達と再会しました。45歳の彼ら、彼女らは、バスの運転士、設計師、鉄筋会社の社長、大手音響機器メーカー社員、清掃会社責任者、事務職員とそれぞれの道を歩んでいました。
今日の再会の理由は、当時、小学校5年生だったI君の命日の墓参でした。I君は、母親思いでした。足の悪い母親の手伝いをして家事を助け、自分は、朝5時に起床して冬でも火の無い部屋で勉強をしていました。どんなに真面目な子供でも所詮は5年生、失敗やいたずらはします。35年前のその日、帰りがけに私はI君を叱りました。うつむいて私の指導を素直に受け入れる彼の姿が今も目に浮かびます。そして、その時以来二度と彼への指導は出来なくなりました。彼は、私から最後の指導を受けた3時間後に交通事故で逝ったのです。病院に駆け付けた私の耳には、順ちゃん起きるのよ、とくりかえす母親の声と酸素をしてください、と叫ぶ父親の姿がありました。ドアの陰ではそっと涙を拭く若い警察官の姿も。翌日の教室は、子供達の号泣が続く中、私はなすすべがありませんでした。一年後の6年の日光修学旅行での昼食の時、I君の写真をポケットから出し机の上に置く友達の姿がありました。かれは、旅行中、胸の内ポケットにI君の写真を入れていたのです。そんな優しい彼も今は45歳のバスの運転手、乗り合わせた同級生が乗客への応対の優しさに感激していました。小学校5年生から35年後の彼らの生き様に私は大満足です。決して文科省や教育委員会からは評価される様な教師ではありませんでしたが、人を思い、人を愛する心の教育は、気合いを入れてしたつもりです。本日、35年前に逝った級友を思い教え子達が集ったのが非才な教師の唯一の教師成果です。今後、老いた私が老後の人生の矛盾に悩む姿、病床で葛藤する姿、そして、最期の姿、全てを彼等に公開して、人生を学んでもらいたいと思います。これが非才な教師の生涯教育です。
 ボランティアスクール横浜みどりの学校ひまわりは、そんな教育を伝える小さな学校です。
posted by 校長 at 16:31| Comment(0) | 日記