2014年06月16日

67歳の初夏

本日、67歳の誕生日を迎えました。現役校長の時、七五三を知らされました。教諭で退職者は七年、副校長退職者は五年、そして校長退職者は三が退職後の平均寿命なのだそうです。教職に携わる者の過酷さを表現したものです。私は本日、退職後の再任用期間三年を含めて、伝説の三年間を四年もオーバーする事ができました。その四年目の誕生日の今日、人生出始めてビニール袋を持ってアルミ缶拾いに町に出ました。かって小学校校長をしていた学校を仰ぎ見ながら許可を得た自動販売機のゴミ箱を丹念にあさり周りました。そこには、元校長のプライドはないものの空き缶を拾い生計立てる方々への申し訳なさを感じておりました。保護者に負担をかけない、補助金や支援金にあぐらをかかない、が私のモットー。最近出会った古物商の村田社長の助言に基づいての本日の行動です。そんな私の行動に地域の中華料理店からアルミの寸胴が放出、自治会関連の会合から会議で提供したアルミ缶が届けられました。子供達と一つ一つ足で潰す作業は、生きた経済教育です。貧しさや逆境に愚痴や嘆きを言っても何も改善しません。困難に打ち勝つには、知恵と工夫、そして未来を見つめるバイタリティです。67歳の老人は今日も不整脈と言う持病と闘いながら子供達と汗を流しました。人生に感謝です。このすてきな感謝の心を明日は子供達と保護者に倍返しです。
posted by 校長 at 23:02| Comment(3) | 日記