2018年01月23日

新聞少年

それは、東京オリンピックが開催される4年前、私が今は無き、渋谷区立原宿中学校1年生の時でした。決して裕福ではないが、家計を助けるほど貧しくはなかった床屋の倅は先輩のやっている新聞配達に憧れました。自立、自分で金を稼ぐ事に大人への何かを感じたのでしょう。今の子ども達も同様の思いを持つでしょうが、あの時代は、新聞少年にそれを転嫁しました。毎日新聞店舗は表参道、今のコーポオリンピアのあたりにありました。宮島新聞店、偶然にも同級生の父親の経営する店舗でした。住み込の大学生、川島さんの下請けになり、配達区域は渋谷の宮下公園周辺から青山の子供の城(当時は都電の青山車庫と地元の人達が都電病院と呼ぶ、都立青山病院)周辺でした。配達部数は、約300、中でも某ガラス会社の4階建の社宅は横に繋がる廊下は無く、いちいち下まで降りて次の入口に行くので大変でした。時たま1階のポストに4階の分までいれると、苦情の電話が殺到、そんな中で渋谷女子高校の事務員さんは、辛くても頑張るのよ、と励ましてくれました。集団就職で来たと思われるパン屋のお姉さんの優しさ、屑鉄屋のお兄さんの、マラソン大会にでれば1位になれるぞ、の声が忘れられません。心配でわざわざ配達ぶりをそっと見に来た母ちゃんのやさしさも。昨日の大雪の中、バイクのうなるエンジン音で目を覚ました私の脳裏に約60年前の体験がよみがえりました。つぶれそうなフリースクールの校長をしている今、子ども達におそれる事のない体験とそれによる人との出合いが人生にどんなに必要か伝えたいです。学校では学べない事こそ自分の人生に有益な事はありません。保護者にも声を大にして叫びます。発達障がい、シングル家庭、一人っ子それがなんだ、ハンディなんて甘えてないで、困難に打ち勝つ、強い子どもを育てなさい。それにはまずあなたが世間に、学校に胸を張ることです。
posted by 校長 at 19:14| Comment(0) | 日記

2018年01月15日

教育弱者と保護者

光陰矢のごとし、あっという間に旧正月になってしまいましたが、新春のお慶びを申し上げます。一昨日は、私がさつきが丘小学校在職中に立ち上げた郷土史の会(下山和正会長)のどんど焼にあわせてひまわりの餅つき、バザーを開催しました。両イベント合わせて、約300人の来場がありました。ひまわりも数店出店しました。来場の皆様、支援者の皆様、ありがとうございました。餅つき、バザーの余韻の残る昨日、保護者宛に理論武装を薦めなる一斉メールを発信しました。私は、発達障がい、登校出来ない、学校に馴染めない子ども達を教育弱者と位置づけており、その支援のためには、まず保護者が教育に関する正確な情報や知識を習得し、学校にも我が子についてしっかりと意見を述べることが必要だと考えております。それが理論武装なるものです。これはモンスターペアレント育成でも学校と対峙することでもなく、教育弱者たる我が子の現状を学校に伝え、子どもを支援する方策を共に探ることです。教育に関する知識と情報共有のため過去にギフテット、タレンテッド、インクルーシブ教育、統合教育、放課後デイサービス、ウイスク検査等を学習してきました。これらは、現場の校長でさえ全員が理解しているとは言えません。昨日は、最近法制化された義務教育学校についてメールを流しました。義務教育学校と小中一貫校の違い、メリット、デメリットなどを教育弱者に視点を置き考えました。9年一貫は、多くの子ども達にとり、教育の効率的には良いかも知れないが、学校に行けない症候群の子ども、中でもいじめ被害により学校に行けない(不登校)子ども達にとってデメリットはないだろうか。例えば、低学年でいじめに遇った子どもは、義務教育学校では、9年間いじめた子どもと同一校で過ごすことになります。いじめ被害に遭つたことを知っている子どもからも9年間、逃れられないのです。既存の6、3制度のように小学校卒業と同時に教育的配慮で指定地区外中学校に入り、心機一転の選択は無くなります。新たにできた義務教育学校は、果たして教育弱者にとって、朗報なのか、横浜みどりの学校ひまわりに通う教育弱者の子ども達の保護者は我が子を守る視点から教育に関する知識と情報を常に取り入れて、学校と協議しなければなりません。先日、公立学校の教員から連絡のあった際の義務教育学校とはの私の質問に、その教員は義務教育と混同した誤回答。教育委員会の施策や取り組みが現場に理解されているとは言えない現実に元公立学校の校長の悲しみは深いものがあります。こんな現実だからこそ保護者は学校を越えて教育の現状を敏感に学んで欲しいと思います。教育弱者の我が子のためにも今、理論武装を。
posted by 校長 at 20:56| Comment(0) | 日記

2018年01月05日

新年を迎えて

新年おめでとうございます。とは言うものの70歳の私にとって新しい年を迎えることは、いささか複雑です。時は流れる、でも私は流されない、これが老校長の新年の決意です。設立8年目を迎える本校は、求め来る子供達の増加傾向にあります。これは正に公立学校では満足できない子供達の増加、本校、横浜みどりの学校ひまわりの存在意義の象徴でもあります。声を大に出せない教育弱者の増加が密かに進んでいる証です。巷では、70年を経過した憲法の見直しが論議されております。学校教育もその在り方が弾力的に問われる時期ではないでしょうか。そんな中、横浜みどりの学校ひまわりは、既存の教育手法にとらわれることなく、子供達の個性を尊重する教育支援を実戦しなければなりません。これは、一方で私たちにとって大変重い課題です。金も人材も希少な本校はアイディアと地域、保護者の皆様の熱意だけが頼りです。
 多くの制約の中の8年目の船出は、荷物も一段と重く厳しいものですが、最後の場所として駆け込んで来る子供と保護者のため一人ひとりに満足のいく支援をする覚悟です。本校の誇りは、設立以来、唯一人の排除も入学拒否もないことです。
posted by 校長 at 18:16| Comment(0) | 日記