2018年01月15日

教育弱者と保護者

光陰矢のごとし、あっという間に旧正月になってしまいましたが、新春のお慶びを申し上げます。一昨日は、私がさつきが丘小学校在職中に立ち上げた郷土史の会(下山和正会長)のどんど焼にあわせてひまわりの餅つき、バザーを開催しました。両イベント合わせて、約300人の来場がありました。ひまわりも数店出店しました。来場の皆様、支援者の皆様、ありがとうございました。餅つき、バザーの余韻の残る昨日、保護者宛に理論武装を薦めなる一斉メールを発信しました。私は、発達障がい、登校出来ない、学校に馴染めない子ども達を教育弱者と位置づけており、その支援のためには、まず保護者が教育に関する正確な情報や知識を習得し、学校にも我が子についてしっかりと意見を述べることが必要だと考えております。それが理論武装なるものです。これはモンスターペアレント育成でも学校と対峙することでもなく、教育弱者たる我が子の現状を学校に伝え、子どもを支援する方策を共に探ることです。教育に関する知識と情報共有のため過去にギフテット、タレンテッド、インクルーシブ教育、統合教育、放課後デイサービス、ウイスク検査等を学習してきました。これらは、現場の校長でさえ全員が理解しているとは言えません。昨日は、最近法制化された義務教育学校についてメールを流しました。義務教育学校と小中一貫校の違い、メリット、デメリットなどを教育弱者に視点を置き考えました。9年一貫は、多くの子ども達にとり、教育の効率的には良いかも知れないが、学校に行けない症候群の子ども、中でもいじめ被害により学校に行けない(不登校)子ども達にとってデメリットはないだろうか。例えば、低学年でいじめに遇った子どもは、義務教育学校では、9年間いじめた子どもと同一校で過ごすことになります。いじめ被害に遭つたことを知っている子どもからも9年間、逃れられないのです。既存の6、3制度のように小学校卒業と同時に教育的配慮で指定地区外中学校に入り、心機一転の選択は無くなります。新たにできた義務教育学校は、果たして教育弱者にとって、朗報なのか、横浜みどりの学校ひまわりに通う教育弱者の子ども達の保護者は我が子を守る視点から教育に関する知識と情報を常に取り入れて、学校と協議しなければなりません。先日、公立学校の教員から連絡のあった際の義務教育学校とはの私の質問に、その教員は義務教育と混同した誤回答。教育委員会の施策や取り組みが現場に理解されているとは言えない現実に元公立学校の校長の悲しみは深いものがあります。こんな現実だからこそ保護者は学校を越えて教育の現状を敏感に学んで欲しいと思います。教育弱者の我が子のためにも今、理論武装を。
posted by 校長 at 20:56| Comment(0) | 日記