2015年02月14日

人間教育

本日、ひまわりを支援してくださっている、しらとり台保育園の園児の発表会に行ってきました。かわいい園児達の演技に風邪気味で体調不良の体が癒やされました。この子達がやがて小学校にそして中学、高校へと進み大人になり、社会を支える一員となると思うと人間社会の仕組みの偉大さと同時に教育の大切さを再認識します。
明日は、40歳代後半になった教え子達とI君の墓参りに行きます。I君は私が担任だった5年生の冬に自宅前で自転車に乗っていて交通事故で亡くなりました。私は現役時代、交通事故による二人の教え子の棺を運びました。I組は足の不自由な母親の手伝いをよくやりました。冬でも火の無い部屋で朝から勉強をしていました。そんな優しいI君を私は、その日に限り怒ってしまいました。夕方事故の報を聞き病院に駆けつけると、お父さんは、病院の廊下で、酸素をしてくれないんだもの、と何回も繰り返していました。お母さんは、Jちゃん起きて、と一心に息の途絶えた彼に呼びかけていました。開かれた病室のドアの影で若いお巡りさんが涙を拭いていました。次の日に教室でI君が亡くなった事を告げるとクラス全員が半狂乱のようになり、号泣しました。子供達の号泣があまりに激しく若い教師だった私は一瞬恐怖を感じたのを今も覚えております。
6年生の日光修学旅行の折.A君が昼食のテーブルにI君の写真を置いてカツカレーを食べていました。彼は修学旅行の2日間ポケットにI君の写真をしのばせていたのです。今、彼はT急路線バスの運転手です。数年前の墓参りの際、クラスメートの女の子達が、こんな会話をしているのが私の耳に入ってきました。この間通勤で乗ったバスが偶然A君の運転するバスだったの、丁寧な運転で、お婆さんが乗って来た時などびっくりするほど優しかったんだ、私はその対応を見ていて、この運転手と小学校の時、クラスメートでよかったと密かに思ったの。 そのバスの運転手が老いた担任を気遣って明日、1時間もかけて私を送迎してくれるそうです。現役時代、教材研究もろくにしないダメ教師でしたが、他人の心を敏感に感じ、他人のために行動する事の大切さだけは真面目に指導してきました。昨今、道徳の時間が教科になる事が話題になっていますが、私にとっての道徳の時間とは、毎日の生活の中に教材があり、生きている事そのものが道徳の時間なのです。
寿司職人、鉄筋会社社長、清掃会社責任者、バスの運転手、主婦、OLなど様々な道を歩む教え子達と年一回、亡き教え子に手を合わせるこの日を大切にしたいと思います。それは教育の原点を私自身が確認する日だからです。
posted by 校長 at 23:14| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
成人している人にも学習支援だけでもしていただけないでしょうか?
Posted by at 2015年06月18日 16:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: