2017年12月20日

ある日の校内メーリングリストより

本日のひまわりは、子供7人の来校がありました。最近は5人以上の来校者は当たり前になりました。明日も体験希望の保護者との面談があります。来校者の増加は、校長他、ボランティアスタッフの負担増加に他なりません。保護者の皆様の一層の協力をお願いいたします。本日の全員の一斉学習指導は、以前に比べて満足のいくものでした。勉強拒否の子供も一斉学習の雰囲気の中、学習に取り組みました。最近の傾向はテレビゲーム一辺倒から自転車乗りなどのアウトドアに移行する子供達の増加です。テレビゲーム存分がテレビゲームを淘汰し、他の興味に移行するのだと思われます。その一方、事故の危険も増加します。私の方針は、障害や個性を理由に行動制限するのではなく、その子にとってより安全な方法を試行錯誤して提示することです。これこそが真の教育であり、ひまわりイズムです。無謀と挑戦は危機的状況時の対応や危険回避の方策や準備を事前にするか否かだと思います。因みに自転車の安全な乗り方に関しては、自転車ひまわり免許制度を実施します。安全な乗り方について実技と学科試験を課し、その技能、知識修得に応じて、敷地内、敷地隣接内、一般道に分けたいと思います。ひまわり免許制度(検定)は、優しさ、テレビゲーム、ディベート、漢字、算数、時間厳守など多岐に渡ります。検定受験の絶対条件は、本人の申し出であり強制は排除です。ひまわりは医療機関ではないので、投薬はできません。しかし生涯に渡り有効なスキルとそのアップは可能です。子供達のスキル修得やそのアップは、途方もなく根気のいる作業ですが、めげる事なく、保護者、ボランティアとトライし続けたいと思います。
posted by 校長 at 20:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: