2012年03月07日

前に向かって

小学校の校長の時には、よく教員と保護者の児童に対するギャップを埋めることに腐心しました。教員の客観的な思いと腹を痛めた母親の愛情の間でよく悩んだものです。 ボランティアスクールひまわりを開校し、発達障害児童その他の児童に深く接すれば接するほど子供達への愛情は、増幅されます。それは、教育者を超越した生物的な愛情なのでしょう。こんな愛情を感じるためには、その児童により深く関わらなければ不可能です。公立学校の先生方は、限られた時間のなかで多くの児童と関わらなければならず困難もあるでしょう。でも、短時間の中にも児童に愛情を感じる術はあるはずです。それには自らが児童を積極的に理解する姿勢と個性を評価し、児童の個性の誇示に目を細めて微笑む余裕です。
本日A児と散歩しました。犬が来たり、自転車が来る度に黙って私のてを握ってきました。頼りにしてくれている彼が愛おしく感じました。買い物に出かけたB児は、店員の前で、このお菓子まずいんだよね、と大声で言いました。実は私も以前からそう思っておりました。お世辞のない正直な彼の言動に苦笑しながらも親近感と親しみを感じ、それは愛情へと変容していきました。
人を愛すること、それは相手を理解する気持ちと 一歩踏み込み、相手に接近する勇気です。ひまわりは、指導者、ボランティア、そして子供達がそんな姿になるように日々努力しています。
posted by 校長 at 21:17| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: