2012年10月18日

道楽の定義

この活動を始めから何人かの人に私の活動が道楽だと言うご指摘を受けました。それは、決して悪意を持って言ったり、私の活動を否定するものではありません。むしろ、私の活動を賞賛する中でよく使われております。そんな時、私は笑顔でその言葉を受け入れながらも、何か釈然としないものを感じておりました。
三省堂版、金田一京助、春彦著の新明解国語辞典によると、道楽とは、趣味の意の老人語と記されております。果たして、現在65歳が老人か否かは別ににして公立学校で苦戦している子ども達を支援する活動や子育てに苦悩する親達を支える活動が老人の趣味とは、やはり受け入れ難いのも事実です。持病の不整脈の発作におののき、運転が上手とは言えない私が交通事故のリスクを負いながら毎回ひまわりに通うのは、自己の欲望を満足させる趣味ではありません。私を求めて来校する子どもや親がいるから私は出かけていくのだ。と怒りに似た感情で訴えた後、冷静に考えると、子どもや親を教えたり、支援する事は、自己の欲望の成就でもあり、趣味と同一のものなのかとも思えてきます。そんな事を突き詰めていくとボランティアそのものが道楽扱いになってしまいます。結局、道楽の定義なるものは、わかりませんが、私は老人の趣味で人生の残り少ない部分を燃焼しているのでない事を確認したいと思います。
posted by 校長 at 02:10| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
毎々、大変お世話になっております。
いつも誠にありがとうございます。

こちらの学校のおかげで子供含め、私達が
どんなに救われていることでしょうか・・

くれぐれもお体の方、ご自愛を御願いします。
Posted by 寺村 at 2012年10月26日 21:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: