2014年02月23日

郷土の巧展開催に向けて

多忙を理由に長期的にブログを更新しなかった事をお詫び申し上げます。
私がさつきが丘小学校の校長の時、児童の日頃の作品を保護者、地域の皆様にご覧いただく、児童作品展を開催しておりました。作品展を開催しながら、本校は地域の集会所であるコミュニティーハウスを併設しているのだから児童の作品のみならずコミュニティーハウスで活動されている方々の作品も一緒に展示してはどうかと職員に提案しました。地域に開かれた学校を目指していた私にとって保護者だけでなく地域の皆様方がご近所方々の作品を鑑賞しに来校されることは、まさに開かれた学校を構築する良い機会と思い推進しました。学校は、教員だけで教育するのではなく地域をあげて、地域の子供達を教育するのだというのが私の持論です。そのためさつきが丘小学校では300人ものボランティアの方々が在籍、活動しておりました。
退職後、私塾ひまわりを設立した今も思いは変わりません。地域には一芸に長けた方、素晴らしい趣味をお持ちの方々が沢山おられます。そこで今回、地域の皆様方の作品を一堂に展示し鑑賞しあう、地域の巧作品展を計画しました。巧という名称に躊躇される方もおられると思いますが、日頃の趣味の紹介と捉え是非皆様ご参加下さい。思い出深い故人の作品でも結構です。即売も可能です。この作品展を契機に地域の方々のスクラムが更に強まり、防災に、子供の教育に、更には個性豊かな子供達への理解へと繋がる事を願っております。期日は10月を予定しております。ご協力いただけますかたは、ご連絡下さい。尚、地域とは、しらとり台、さつきが丘を中心に市内全域隣接都県とします。皆様よろしくお願い申し上げます。
posted by 校長 at 20:03| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: